About Atelier Rubijoux

About the Brand

私らしさを見せたい

    私らしさで魅せたい

           その思いを身につけて

 

2016年1月に京都で設立した和装飾りの制作所•るびじゅ工房。

人と文化、地域との繋がりが薄れる傾向にあるなか、大量生産/大量消費する世の中に対して自らが生きたいと思う世界をつくって行きたいという概念から生まれました。

近年では価値観に変動が起きてき、いろいろな「おもい」が込められているモノが人々に求められています。

るびじゅ工房は、伝統的な意匠、技術を守りながら、時代に呼応するデザインを提案します。

素材に関してこだわりを持ち、原材料の生産によって環境破壊又は人権侵害が起こることを念頭におき、再利用貴金属を使っています。

時間をかけて作り上げたものを評価し、世代を越える手仕事を愛する——

そのような文化を生きる社会を支えていきたい。

それは、るびじゅのテーマ。

About the Maker

 菊地 ルイ

ジュエリー作家。1982年、京都生まれ。

1988年にシドニーへ渡る。シドニー大学視覚芸術学士を取得し、帰国。

2008年 伊丹ジュエリーカレッジ終了後、日本、オーストラリア各地で作家活動を加速させ、展覧会のキューレーターを務め、ジュエリー技法書籍や専門書に作品の記載、特別講義の実施など、国際的に活躍。

2009年 伊丹国際クラフト展でグッドマテリアル賞受賞。

2010年 ポワーハウス博物館(シドニー)所蔵

2013年 世界を一周する。

2014年 京都市右京区西院にアトリエを構える

2016年 「るびじゅ工房」設立

 

Rui Kikuchi was born in Kyoto in 1982.

She moved to Sydney with her family in 1988 and spent her formative years in Australia.

In 2003 she graduated from the University of Sydney’s Sydney College of the Arts with a Bachelor of Visual Arts, majoring in Object Art and Design. After completing her degree Rui returned to Japan and attended the Itami College of Jewelry in Hyogo Prefecture in 2008.

Since then, she has exhibited widely throughout the Asia Pacific and Europe including a collection at the Powerhouse Museum in Sydney.

Her works have been published most recently in the ‘Compendium of Contemporary Jewellery Makers’, by Darling Publications in Cologne, 2009,  ‘Workbench Guide to Jewellery Techniques’, by Thames and Hudson, London, 2010 and ‘500 Gemstone Jewels’, by Lark Books, New York, 2010.

After doing volunteer work in the Great East Japan Earthquake,  Rui traveled around the world in 2012-13 visiting Africa, Europe and North America. 

Upon returning to Japan she set up a studio and the jewelry brand Atelier Rubijoux (Rubijukoubou).

She resides and works in Kyoto, Japan with her Crossfit instructor husband and cat.

 

About the Name

coming soon