リピーターのお客様、いつものサポートをありがとうございます。 by Rui Kikuchi

昨日、私の個展に必ずお越しいただくお客様を阪急うめだ本店10スークの「京都手しごとお祝いもの」展にお見えになりまして、新作をお見せしていたら、過去お買い上げになられた作品は奥さまに「取られた」とおっしゃい、引き箔ブローチを購入していただきました。

私の作品を既に4、5点を持っていらっしゃるE様、長年私の活動をサポートしていただき、いつも感謝しています。

 今日も、10年前に奈良での展示会でリングを購入して頂いたお客様はまた阪急スークでお見えになって、買って頂いた花びらリングを着用されていました。お手手にすごく馴染んでいて、ちょっとのお出かけに着けていらっしゃると、長く使用してくださっています。

新作の透かし引き箔ブローチをご覧になって褒めてもらい、すぐにお買い上げになられました。 

 今回阪急の催事場にお越し頂いたお客様の中にリピーター様は少なくはありません。2018年、ジュエリー制作を始めてからの15年経ちます。振り迎えたら、良くこれほど続けられたなと思い、改めてこれまで応援してくれたお客様と今度新規で買い上げくださったお客様へ感謝の気持ちでいっぱいです。

 明日、催事の最終日、頑張ります。17時までですので、ぜひお越しくださいませ!

IMG_1440.JPG

撮影: 村田紘平 

自分が生きることで、周りを良くする by Rui Kikuchi

阪急うめだ本店10階スークにて「京都手しごとお祝いもの」開催中。

久しぶりに洋服を着て、売り場に立ったら催事の仲間に一瞬気付いてもらわなかった。私のイメージは和服に浸透しているみたいで、なんか嬉しい。

 想像以上に「たくまし草」シリーズは好評で、今日もヤングなビジネスウーマンにお買い上げいただきました!

IMG_1870.JPG

 早速彼女から着用されている写真も送りいただき、周りのお友達にも褒められたそうです。

大学では農学を専攻されていて、ブローチのイメージした草、蓮華は土を肥やす役割があると良くご存知でありました。これから会社を受け継いで、周りの人、またお客様の生活を良く することを願っています。

ありがとうございました! 

IMG_1871.JPG

出会いに感謝 by Rui Kikuchi

阪急うめだ本店10階スークにて「京都手しごとお祝いもの」開催中。 

今日、 るびじゅ工房の作品を気になって、長時間悩んでいたお客様、お2人おられました。

手ごろでない価格の商品に目を留めて頂いて 、ご自分の生活にどう取り入れるか想像していただき、私も一緒に決めさせてもらい、お話しを聞いてくださったことに心から感謝しています。

 お持ち帰りになれた飾りが会話や素敵な出会いのきっかけになれたら嬉しいです。お役に立ちますようにと願っています。

 

またもう一つの出会いに感謝。 

西陣引き箔職人さんの村田紘平は、私の面倒くさい依頼に応じて、透かし彫りブローチ に魔法をかけてくれました。

紘平さん、私たちのコラボ作の一点、今日お嫁に行きました。ありがとう。 

IMG_1439.JPG

たくまし草シリーズ 、切り金シリーズ。

撮影: 村田紘平 

ありのままが一番 by Rui Kikuchi

阪急うめだ本店10階スークにて「京都手しごとお祝いもの」開催中。 

 るびじゅ工房の「ありのまま真珠」シリーズは大変好評です!

1つ1つの表情が違い、 個性にあふれている天然タヒチパールたちはお客様を魅了しています。

イメージした形によって名前を付けて、それに今日のお客様のお一人は惹かれていました。

なんと幸い!

誕生石はパールだけど、今まであまり好きではなかったとおっしゃいましたが、「バベルの塔さん」を着けた瞬間、お顔の表情が変わり、お目目が少しキラキラしていました。私の作ったジュエリーは人をかっこよくする力があったら光栄であり、お守りの用に使用していただければ嬉しいです。

 催事は16日まで続きます。どうぞお越しください!

IMG_1457.JPG

 水風船さん

撮影:佐藤信次 

IMG_1461.JPG

 風船さん

撮影:佐藤信次  

あなただけのジュエリーを制作いたします by Rui Kikuchi

いよいよ 明日から阪急うめだ本店の「京都手しごとお祝いもの」展が始まります!

今回も高級天然石(ルビー、エメラルドやサファイアのビーズ)とアコヤ真珠、南洋真珠を展示販売 兼 ネックレスの受注制作を承ります!

普段、こんな値段では手に入らない石をとてもリーズナブルな価格でご提供させていただきます!

どうぞ見逃しなく! 

FullSizeRender.jpg

 アコヤ真珠とトパーズ連。

IMG_1667.JPG

水晶や瑪瑙もございます。お好きな色のネックレスを制作いたします。

IMG_1668.JPG

高級南洋真珠も あります。どうぞお越しください!

催事の準備 by Rui Kikuchi

催事の時に、作品のディスプレイ にいつも悩んでんねん。

やっと最近、作品の並び方 もターゲットに合わせないといけないのではと気づいた。

当たり前の話やけど、作ることばっかり考えている者にはなかなかそこまで頭が回りまへんがな。

来週の水曜日に始まる阪急うめだ本店「京都手しごとお祝いもの」の催事のために新たな工夫しようと決めて、商品をよりカッコ良く見せるで! 

ディスプレイケースを自分なりに改装して、ネックレスやイヤリングスタンドなど を新たに制作してみた。

さて、売り場では効果はあるかな?やって 見ないと分からん!

IMAGE.JPG

オリジナル イヤリング・ピアススタンド作成開始!

丸線材の片方を平らにして、中心の切断。 もちろん全部手作業。

FullSizeRender.jpg

切断した部分をV字に割る。

FullSizeRender.jpg

ここからヤスリがけ。 

FullSizeRender.jpg

丸くなったV字にキサゲをかけて仕上げ。 

FullSizeRender.jpg

ヤットコで曲げる。 

FullSizeRender.jpg

両端に穴を開けて、事前に作ってた木材の台に差し込んだら完成! ピアス、お上品に見える!

着物日記 金子透編 by Rui Kikuchi

こないだ、神戸のGallery Shop Siでの金子透展最に行ってきました。

金子さんの素敵な笑顔で迎えて頂き、 長いことしゃべって、Siさんからおつまみとシャンパンまで頂いてしまい、満腹で帰りました。なんと贅沢な時間!感謝です!

先生の鍛金ブローチのダブルピンを利用して帯留めとして試着してみました。ちょうど着ていた着物の柄とぴったりあって 、自分で言うのもあれやけど、超かっこよかった!

IMAGE.JPG

次は神戸から滋賀県まで飛んで行って、るびじゅ工房のお隣さん、画家の中屋敷智生がキュレートした「Dribble」展を開催されてたギャラリー2kwへ訪れました。 

そこでキャンバスを切り取って、キルトのように縫い合わせた水田くんの作品を拝見しました。ちょっとサイキデリックでめまいしそうでした!

2017年、クリスくんと最後の 着物デート。今年はどこへ行こうかな?

今日の着物: 

 (お茶教室で一緒のA子さんの母からの貰い物)

IMAGE.JPG

今日の着物:

青赤もみじの京友禅 (お茶教室で一緒のA子さんの母からの貰い物) 

 帯: 竹柄の西陣織 (戻橋さんの袋詰め放題フリーマーケットで購入)

帯留め: 金子透作 打ち出し緑色ブローチ、37800円  (自分の作品を売って、少し稼いだら購入するねん!)

コート: 赤いろうけつ染 ( 友人のE子さんの嫁入り道具のひとつ)

Happy New Year by Rui Kikuchi

あけましておめでとうございます! 

 今年も制作活動を頑張ります。引き続き、皆さまの暖かい応援をお願いします!

 年始の催事は京都職人工房主催、阪急うめだ本店10階、スークにて「京都 手しごと、お祝いもの」。1月10-16日まで展示販売や実演いたします!他の職人仲間はワークショップやトークセッションを予定していまして、充実したプログラムになりそうです!

大切な方へに贈り物 、ご自分へプレゼントなど、いかがですか?

FullSizeRender.jpg

着物日記 着こなし編 by Rui Kikuchi

着物をどこに着て行く か分からない、応用するシーンがないとよく聞くが、逆にそれはなぜ難しいことなのかよく分からない。

どこにでも着たらいいと思いう。

遊びとか、デートとか、女子会にでも。 

私は今晩、商工会議所の講義を聴きに。着物姿は私一人ではなかった。

もちろん訪問着をカジュアルな場所へ着て行ったり、 正式な場面で小紋を着て行くのもおかしいけど、もっと多くの方に好きな所へ好きなように着てもらいたい。

服を着ることが楽しくなるから。 

今日の着物:  南天柄の紫紬(友人の友人の体操の先生からの貰い物)  

帯留: るびじゅ工房の透し彫くまちゃんブローチ兼帯留 。 ブローチ本体は35000円

 

FullSizeRender.jpg

オーダーメイド - 細かいものもパワフル。 by Rui Kikuchi

Pさんからのロングネックレス注文。

淡水真珠とサンストーン。一目地味ですがつけてみたら意外とインパクトがある。喜んでいただきました。 

35,000円 + 税 

モデルは画家の藤本麻野子さん。 繊細な線で植物を描く彼女に似合う。

藤本さんのホームページは こちら:

https://8mayako.wixsite.com/artwork/gallery 

 

FullSizeRender.jpg

着物日記 試行錯誤編 by Rui Kikuchi

今日は今年のお茶教室の最後のお稽古。

毎週、着物を着てのお稽古する。先生や先輩からよく褒められるけど、彼女たちはいいものを毎週着ているし、長年の経験で着付けも綺麗。スタイル、色・柄合わせ、かっこいい着物の形をしょっちゅう盗み見て、後ろから習っている。

 綺麗な着方はやっぱり他の人を見ながら、時々失敗しても恐れず、センスを磨いていくしかない。

秋にに博多帯を着て 行ったら、「ルイさんそれは暑い時期に着る物ですえ」と先生に優しく注意されたこともある。

先生と先輩たちはプライド持ってお稽古をされているからこそ私着物をもっと好きになっているんじゃないか。こんな贅沢な環境に感謝。

今日の着物:

着物: 以前紹介した貰い物。 

帯: おしゃれ蝶々の西陣帯 (戻橋さんの500円均一着物フリーマーケットで購入。) 

FullSizeRender.jpg

着物日記 土蜘蛛編 by Rui Kikuchi

映画村で開催された「太秦江戸酒場」で京都職人工房の仲間とともに、狐の嫁入りを再現しました。

着付師 宮川徳三郎 のディレクションで元の話を展開し、狐たちに拐われた娘の親は助けを求め、土蜘蛛は狐たちと対決する物語。

土蜘蛛の踊り(って言えますかね)を現場でリハーサルしているわたし、フリーカメラマンの久保田奏大さんに撮影してもらいました。

自分で 言うのもあれやけど、この写真、木村伊衛兵の秋田美人に少し似ててめっちゃ好きやねん。やっぱりプロはええ顔を撮ってくれますわー。フォトジェニックでない私にとって、これは大事な一枚です。

IMG_1655.JPG

ロケ: 太秦映画村蝋燭屋前 

着物: 青いウール 羽織アンサンブル

( 韓国料理を食べに行ったら隣に座っていた面識のないおばちゃんと着物の話になって、次の日に同じ店に着物を持って着てくれると。たくさんの着物、ウールけらおしゃれまで譲っていただきました。大事にしています。)

 

 

 

 

 

着物日記 誂え編 by Rui Kikuchi

着物自慢話。 

初めての母からの誂え 。

いえ、呉服屋に依頼してもらったんじゃなくて、母は自ら糸を台所工房で染料し、綛(かせ)から糸枠(いとわく)に巻きとって、縦糸を織り機に張り、生地を織って、最後は仕立てを頼んでくれました。

一生着れる家族の宝物になりました! 

FullSizeRender.jpg

クリスくん:

着物:  絹のチェック(友人E子さんのおじいさまが着ていたもの)

袴: 戻橋さんで購入 。2500円

トルコ出身の友人のEさん:

ワンピース : 椿柄のチャイナスタイル。

イヤリング: トルコの伝統耳飾り。迫力があってめっちゃかっこいい。 

ルイ: 

着物: 藍染縞紬 ルイママ作

帯: 金入り無地ピンク 名古屋帯 (戻橋さんの500円均一着物フリーマーケットで購入)

帯揚げ: 青い正絹。戻橋さんで購入。1500円。

帯留め:  るびじゅ工房作 白蝶貝 彫り  波柄 帯留め兼ペンダント。枠は銀製。

 

 

着物日記 Mojo Sam編 by Rui Kikuchi

 昨夜、バイトを早く切り上げて、拾得でクリスくんとMojo Sam のライブを聴きに行きました。

ファンクとソウルで生きている私にとって、心と頭の肥やしになった一夜でした。

Mojo Sam 次回ライブ@拾得は2018年2月24日です。楽しみ〜〜。 

IMAGE.JPG

Mojo Sam でハーモニカを弾く書道家 上田普 、上田先生の妻 レザー作家 安藤なおみ、ルイとクリスくん。 

IMAGE.JPG

オーティス・レディングの曲演奏中。  

IMAGE.JPG

 ライブ後の盛り上がり。上田先生、お疲れさま!

FullSizeRender.jpg

 今日の着物。

ロケ: 老舗ライブハウス 拾 得

着物: 銘仙 (戻橋さんの500円均一着物フリーマーケットで購入)

帯: カジュアルなサーモンピンク色の袋帯  (友人のE子さんが着物譲り会で私のためにもらってくれたもの)

 帯〆: 緑のカジュアルなもの (戻橋さんで500円で購入)

帽子: ピンクデニムのバレー帽  (ギャラリー佑英主催の東日本大震災支援イベントで購入。2000円)

 リング: るびじゅ工房作 ゴールド南洋真珠 (写真に見にくい!好きだから自分用にしてしまいました。出した時は3万円)

着物日記 上京区民茶会編 by Rui Kikuchi

お茶会の手伝いにお茶らしいオーソドックスなスタイルにしました。

 ロケ: お茶の先生のご自宅。

飾り: あいにくお茶会では飾り着用禁止。 

着物: ぶどう柄のミントグリーン色無地

(友人E子さんのお姉さまが着ていたもらいもの )

帯:  正倉院文様西陣帯

(普通に買ったら莫大に高いと思いますが、中立売通の「戻橋」さんでとても安くしてもらいました。値段は言いません。目が肥えている先生に褒められるぐらいのええモノです。時々宝物が出てきますんで、お店に行って見てください。 

帯〆: お祝い用のモノ。呉服屋さんの バーゲンで3500円でした。

FullSizeRender.jpg

着物日記 法然院編 by Rui Kikuchi

思い出のいっぱいなお寺を参拝。法然院、ここで暖かい秋の日に結婚式をしました。

 平穏な庭園にこじんまりの式が最高でした。

ロケ: 京都 法然院

髪飾り: るびじゅ工房 アコヤ真珠  銀製打ち出し 簪

着物:  ワイン色の色無地 (友人の母が着ていたもらいもの)

 

FullSizeRender.jpg

ディテールは大事 by Rui Kikuchi

現在、ギャラリー佑英で個展中。

搬入は夫とママに手伝えてもらって、本当に助かった。 

作品を宙に浮かしたくて、ガラス板を天井から吊るし苦労したけど、緊張感もある展示になってよかった。

ギャラリー を訪れる方々は様々。骨董品の雑誌の編集者に細かいディテールを気にしていることに褒めてもらって、手間をかけてよかったなと思った。誰でも作れるものを作ってないな、と。

 自分らしいものを作り続けないと、やる意味ないね。

 個展は20日まで。

http://gallery-yuei.com/ 

IMG_1460.JPG
IMAGE.JPG
IMAGE.JPG
IMG_1459.JPG
IMG_1462.JPG
IMG_1463.JPG
IMG_1464.JPG

働き者の手 by Rui Kikuchi

私は子供の頃から右手の中指に大きなこぶができていて、

高校時代と20代、

まだ少女のツルツルの手だった時

特に、

このこぶに気づいて

気持ち悪がれた 人は少なくなかった。

「なんでそんなできたの? 」

と困る質問もされた。

知らんがな、

神様に頼んだわけちゃうし。

 

でもこの気持ち悪いと言われた手を気にしたことは不思議に一度もなかった。

なぜなら、

宮崎駿の映画を見ながら育った私は、

「風の谷のナウシカ」に登場するあのセリフが

私の幼い脳の深いところへ刻まれていたのではないかと思う:

「この手を見て下され。。
あと半年もすれば石と同じになっちまう。
じゃが、わしらの姫様はこの手を好きだと言うてくれる。

働き者の綺麗な手だと言うてくれましたわい」

 

制作に 手仕事にこだわる理由はこれかもしれない。

ものづくりの技術がえらい進んで来て、

人間の手を使う必要がない時代になってき、

 作品は何度も機械制作と間違われたことがある。

でもね、

人間の手は機械の精密さはあるけど、

機械は人間の手の暖かみがないねんな。

私は腕を磨き続き、手ができることでものづくりをやり続ける。

だって、

この汚い、傷だらけの荒れた手、美しい働き者やから。

3754F92D-AE1F-4528-8D6A-84097C3E4147.jpg

花も団子も by Rui Kikuchi

お客様のKさんは家に植えてはる

サボテンのお話をされていて、

一つもらってくれないかと

私に 聞いた。

 サボテンの美しいなり、不気味でもあるところが好きで、

ぜひ もらいたいと言ったら、

2週間後、二つのウニサボテンが

植えている鉢を 

持って来てくれた。

 毛がふさふさの 

つぼみ があちらこちらに生えていて

まるで小さいたぬきの尾っぽみたいで、

可愛かった。 

工房の庭に早速飾った。

 

数日間 後、

突然、

サボテンからビヨーンと、

毛だらけ の首の先に、

長い歯がはみ出しているような

くちばしの形をしている

つぼみが現れた。

怪物のような芽だ。面白い。

数時間が経って

また見たら、 

前より少し大きくなっている。

妖怪チック。すごい。

このまま育ったら花はすぐ咲きそう。 

 

それで、次の日に 

白いラッパ状の花が咲いた。 

しっとりした雄しべは 、

あっかんべー

をしているように花の奥から垂れていた。

 きれいグロイ。なんとスリリングな花。

 

きれいグロイジュエリー、

作りたいけど、

なかなか売れないんだよね。

 

IMG_1325.JPG

 

前、珠ちゃさんからもらったトマト苗、

真っ赤っかなトマトに育てくれて、 

人生初めて自分で育てたトマトを 

食卓に置けた。 

きゅうりと合わせてオリーブ油和えにした。 

工房の庭のドラマが 

益々面白くなってくるわ。 

 

 

IMG_1293.JPG